TALK SHOW

出演:中野 裕之 ・ 串野 真也

■中野 裕之 : 12/16 [ 18:00-20:00 ]
■串野 真也 : 12/23 [ 19:30-20:30 ]

会場:ローズサークル中央ステージ


中野 裕之 [映像作家/ミュージックビデオ監督/映画監督]

1958年広島県福山市生まれ。
早稲田大学卒業後、読売テレビに入社。放送業務、 広告制作、深夜番組(どんぶり5656-脚本 中島らも)の仕事を経て上京。1987年タイレル・コーポレーションを設立。映像的な音楽クリップを作り続けるかたわら、 VIDEOARTの作家としてブラジル、フランスなどで作品を公開。1993年ピースデリックをたちあげ、それ以来、特に見る人を気持ち良くするピ-スな映像を作り続けている。世界中のMTVで放映された音楽クリップにはMTVアワード6部門にノミネートされたdeeeliteの“Groove is in the heart” をはじめ、リタ・ミツコ、ネグレス・ヴェルト、セイント・エチエンヌ、 ポール・ウエラーユニット、System7、Photek 他など 日本では今井美樹さん、布袋寅泰さんを長期に渡り撮り続けている。さらにGLAY、STU48 AKB48、SKE48、MR.children、テイ・トウワ、DREAMS COME TRUEほか多くのJ-POPのスターを手がける。映画、ミュージッククリップ、CM、自然の映像、ドキュメンタリーなど、その映像の種類は多岐にわたる。

 

串野 真也 [ファッションデザイナー]

京都芸術デザイン専門学校ファッションデザインコース卒業後、イタリアに留学し、”Istituto MARANGONI”ミラノ校、ファッションデザインマスターコースにてディブロマを取得。
帰国後、「JILA LEATHER GOODS AWARD 2007」でグランプリを受賞したことをきっかけに、”革”を中心とした靴や鞄などを展開するブランド「Masaya Kushino」をスタート。その活動は日本だけに留まらず、海外でも積極的に作品を発表し続けている。

<< 前に戻る
HOMEに戻る